top of page

U10㍉本の3つの価値

更新日:2023年6月24日

こんばんは。

USUI TOSHOKAN.オーナーです。


今夜は当サイトが収集しているU10㍉本の3つの価値を紹介していきます。


U10㍉本とは?

立って読書をする少年のイラスト

そもそも「U10㍉本」とは私の造語です。読み方は「あんだーじゅうみりぼん」。本来なら直球で「薄い本」としたかったんですが、同人誌の隠語で「薄い本」という言葉が既にあったため、新しい言葉を作りました。


しかし結果としてその独自性をわかりやすく伝えるには、ちょうどよい言葉になったかなと思っています。


U10㍉本とは、1センチ=10ミリより薄い本のことを指します。

そのほとんどが文庫本です。文庫本は、ハードカバー本で売れた後に発売されることが多く、文庫本化=「売れた本」の証明のため、読んで失敗することはほとんどありません。


もちろん文体や言葉選び、ストーリー展開、登場人物の魅力など、作家の個性と読者の好みが分かれることはありますが、U10㍉本は基本的に「いい作品」であることが担保されていると理解できたかと思います。


さらに作品性ではなく、U10㍉本の特徴を掘り下げると他にも魅力的なところはあります。

当ブログではその価値を余すことなく伝えられたらと思います。


U10㍉本の3つの価値

  1. うすくて軽い

  2. 短い読了時間

  3. 比較的安い


うすくて軽く持ち運びにちょうどいい


Instagramにアップした動画を見てもらうとわかるのですが、

U10㍉本はイコールU100gです。

この100gを持つという感覚はマンガ一冊を想像するとつかめます。



この動画で測った「呪術廻戦」は120gだったので

U10㍉本はマンガよりも軽いということ。これは私も驚きました。


軽いと長時間本を持って読んでいても疲れません。片手で何かをしながら、例えば歯磨きをしながらコーヒーを飲みながら、もう一方の手で本を読んでも軽すぎるためストレスフリーに物語へ没頭できます。


ほかにも私がオススメするのは病院の待ち時間や電車の移動中など、退屈で拘束時間が長いシーンでの読書です。読書は至高の一人時間だと思っています。だからこそ他者からの視線は避けたいもの。その点でU10㍉本は、うすく見た目もスマートなので外出先の持ち運びに最適です。


 

本を読み終えるまでの時間が短い


U10㍉本の総ページ数は、100P~200P前後なので読書初心者にとってはちょうど良い長さです。忙しい毎日のスキマ時間に少しずつ読むのもいいですし、旅行時の移動中に読んだり、宿泊先のリラックスタイムに読んだりしても良い時間が過ごせるでしょう。


また読了時間が短いということは、忙しい現代人の読書会の選書としてちょうどいいかもしれません。読書会の目的は本を通して他人の視点の面白さに気づいたり、自己表現をする場だったりするのかなと考えています。その観点から読書会を捉えれば、どんな内容の本であるかはさほど重要ではありません。いやらしい話、読書会は有料で開催されていることが多い=ビジネスなので、その観点からも参加率を上げるためにU10㍉本は最適なのではないでしょうか。


 

本の値段が安い


本の形には大きく分けて、ハードカバー本と文庫本があります。ハードカバー本は、制作コストが高いので当然値段も上がります。文庫本は、見た目にそこまでこだわらない分、比較的安価な値段で売っています。特にページ数が少ない分、比例して値段も安くなります。U10㍉本はお財布にやさしい存在なのです。


また、


  • 安い、ということは、多くの本を楽しめる裏返し。

  • 買って失敗しても「まぁ安かったしいいか」と諦めがつく。

  • 「安かったんで。普段は買わないんですけど」と言い訳が必要な場面で便利。


という隠された、めんどくさい人間のニーズにも応えられる優れものです(笑)


 

以上がU10㍉本の特徴を掘り下げた3つの価値でした。


もし、U10㍉本に価値を感じていただけた方は、試しに当サイトの、U10㍉本一覧ページから本を選んでみてはいかがでしょうか?


それではまた!

.

.

.


USUI TOSHOKAN.でした。




閲覧数:9回

Comments


bottom of page